妄想夜話 -或いは此れも幸せな日常-

日々の暇に思いついたお話。或いは杉田さんとピンキー達とのあれこれ。
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
七月七日の憂鬱

 屋上へと続く入り口の重い扉を開いた。梅雨の時期独特の湿った空気に思わず顔をしかめながら、私はそれでも、屋上の定位置を目指してすたすたと歩き出した。
 貯水槽の裏側、入り口から丁度死角になっている場所。一人きりで思索に耽るには、これ以上の場所は無い。

 しかしながら。

 人の気配を感じて、私は足を止めた。別段話し声が聞こえたわけではない。人影が見えたわけでもない。けれど、確かに感じる気配。それは紛れも無く―――。

「よ」

 こちらが見えたわけでもないだろうに、こちらに声を掛けてくる。
 その声に私は思わずどきりとした。

 久し振りに聞いた、その声。

 心の中でゆっくりと3カウント。それから私は、彼に話しかける。

「―――久し振りだな、君に会うのは。半年振りぐらいか?」

 半年前と、同じように。

「ああ、そうだな」

 特に感慨も無さそうに、彼はそんな返事を返して寄越した。
 それを見て、私は軽く嘆息してみせる。



 今年の4月にクラス替えがあって、彼と私は別のクラスになった。
 そのせいか、それとも別の理由があったのかは定かではないが、ともかく、彼と私はここ半年ほど全く顔を合わせることが無かった。元々彼には私に会う理由が無いのだから、この結果は容易に予想できたことではあった。しかも、私の方も積極的に彼に会いに行こうとしなかったのだから、尚のことだ。

 そんな私たちが久し振りに出会ったのは、放課後の屋上。夕暮れ、曇り空。

 二人が交わした会話はそれだけだった。彼は私には興味が無い。それは、過去二年間の付き合いで十分に把握している。私には彼に語りかける意味が無い。否、甲斐が無い。叩いてもつついても意味が無い、人それを不毛と言う。
 そのままぼんやりと、空を見上げた。雨が降りそうな気配こそ無いが、分厚い雲には隙間も無く、夕焼けも宵の明星も見えることは無さそうだった。

 星に思いが至った所で、不意に思い出した。
 今日は七夕だ。織姫と彦星が、一年と一度だけの逢瀬を許される日。

「……君は今日が何の日か知っているか?」

 何となく口をついて、そんな言葉が出た。
 少し離れた場所で同じようにぼんやりと空を見上げていた彼が、こちらに顔を向けた。

「何の日かって……七夕に決まってるだろ?」
「ふむ」

 彼の答えに頷く私。
 人差し指でつい、と眼鏡の位置を直してから、

「ところで、ここ数年で七夕の日が晴れていた記憶が私には全く無いのだが。折角二人が出会える日だというのに、こうも毎年曇りや雨が続いているのだから、織姫と彦星にとっては何とも不幸なことだな」

 そう言って、私は薄く笑ってみせる。
 それを見た彼が、困惑したように私の顔を見た。

 それから、小さく笑った。

「む。私は何か可笑しいことを言ったか?」
「いや」

 否定しながら、それでも彼は面白そうな表情を崩さない。

「失礼だな君は。……折角彼女が出来たというのに、デリカシーと言うものを学ばなかったと見える」

 そんな皮肉を言いながら、私は自分の胸がちくりと痛むのを感じていた。

「ああ、悪い悪い。ヨウコの話を思い出していたんだよ」

 ヨウコ。彼を選んだ物好きな彼女。

「俺もさ、お前と同じようなことを言ったんだよ。そしたらヨウコが……何ていったと思う?」
「……さあ?」

 聞きたくない。そんな話は聞きたくない。
 彼の口から彼の彼女の話なんか聞きたくないのに。

「あいつさ、『でも織姫と彦星はこの宇宙の向こうにいるんだから、こっちの天気なんかきっと関係なくイチャイチャしてると思うんだよ』だってさ。はは、笑っちゃうだろ?」

 見たくない。そんな彼は見たくない。
 心底楽しそうに話す彼の表情なんか見たくないのに。

「……そうか、こっちの天気なんか関係ない、か」

 私の心模様は土砂降りなのに。

「…………はは、随分と面白いことを言うんだな、君の彼女は」
「だろ?」

 心底嬉しそうに笑う彼。



 ―――私は今、笑えているだろうか?



「おっと、そろそろ時間だ」

 腕時計を見て、彼は少し慌てたように歩き出した。私は黙ったまま、その後姿を見送る。
 と、不意にこちらを振り返って、

「またな」

 笑顔でそう言うと、こちらにひらひらと手を振って、今度こそ彼は立ち去った。屋上のドアが音を立てて開き、閉まる。

 私は思わず、ぺたんと座り込んでしまった。

「―――はは」

 笑い声が漏れた。全く、何て滑稽なんだろうか。私は。
 こんなにも不安定な心を持て余して。



 ああ、何て憂鬱な七月七日。


 (感想お待ちしております。)
| SS(オリジナル) | 22:26 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:26 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
 感想ありがとうございます。>おりはさん
 友人には不評な話でしたが、そう言っていただけると嬉しいです。

 本当は、もう少し救いのある話にしたかったのですが。
 それはまた次回以降に、ということで。
| 杉田(管理人) | 2006/07/10 12:20 AM |
 web拍手を思わず2連発。
 ラブいお話も好きですがほろ苦いお話は大好きです。物理的な距離と心の距離は果たして比例関係にあるのや否や……なんてことを考えていましたら、すっかり自前の七夕SSを書き逃したことに気付いてみたり(汗)。
 いいお話をありがとうございました。
| 銅おりは | 2006/07/09 9:52 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sugitass.jugem.cc/trackback/111
トラックバック