妄想夜話 -或いは此れも幸せな日常-

日々の暇に思いついたお話。或いは杉田さんとピンキー達とのあれこれ。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
彼女たちはかく語りき。(5)
■近況。

最近飲みすぎじゃないですか?

 どうにも最近酒量が過ぎてしまうのですよね。部屋に空き瓶と空き缶がどんどん溜まっていくの(捨ててください)。記念写真撮ってる場合かよ。
 ちなみに、写真の日本酒は新潟のお酒。先日結婚した後輩から、新婚旅行(東日本を一周したらしい)のお土産で貰ったもの。すげぇ美味かった。



普段はあまり吸わないのだけれど。

 煙草を1箱買ってしまった。普段はあまり吸わないくせに、たまに衝動的に買って吸ってしまうのは悪い癖だ。ついカッとなってやった。今は後悔している。
 しかもマルメンライトかよ!素面じゃとても吸えねぇよ!なんてこった!



呆れ顔。

 そんなこんなで最近の近況。ピンキーたちの視線が痛い毎日。

 ……ぼくのことみすてないでね?>みんな
| Pinky:st | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
彼女たちはかく語りき。(4)
■青。

青。

 青空に映えるのは真っ白な風車。バックに映るのは、数年前に北海道で撮った写真。

 遠い遠い北の大地の、青い青い空と白い白い風車に想いを馳せて。かつて訪れた北の地で受けた、大きくて深い感動と衝撃、その少しだけでも、私の紡ぐ物語で貴方に届けることができたならいいのに……。




 10月23日の「杜の奇跡8」のサークルカット向け、もしくはその他諸々のために適当に撮影した写真です。写真の、そのまた写真なので分かり辛いかとは思いますが、北の空はそれはもう本当に青くて広くてキレイでした。
 いつかまた行けたらいいなぁ。今度はピンキーたちを連れて。
| Pinky:st | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
杜の奇跡7@仙台AER
 ……に行ってきました。

 2回目のサークル参加でしたが、相も変わらず同人誌は殆ど売れなくて(笑)、代わりにまたPinky:st.でずっと遊んでました。

サークルスペースの様子。
 サークルスペース前はこんな感じ。スペースの3分の1ほどをピンキー達が占拠していたわけで、ウチのサークルは一体何のサークルなんだと小一時間問い詰めたい感じです。(ちなみに今回はToHeart2で申込んでました。)
 ま、遊びに来てくださった方もいらっしゃいましたし、お客様とPinky:st.トークで盛り上がったりもしましたし、何より私自身が楽しかったので、万事おっけーということで。

 たぶん次回も、私は同人誌そっちのけで遊んでることでしょう。楽しみ。
| Pinky:st | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
杜の奇跡6@仙台AER
 ……に、行ってきましたですよ。

 当日、私のサークル「Tales of the Dream」はKanonでスペースを取っていて、当日の新刊はKanonとマリみてのSS本だったわけなのですが、そこは杉田さん。イベント中はずっとPinky:st.で遊んでいたのです(笑)

 そんなワケなので、その時の写真を、コメント付で公開してみようかと思います。あ、ちなみに、写真の手ブレその他はあまり突っ込まないで下さいませ。一応無事な写真だけを厳選しましたが、私、写真撮るの苦手なんで。



サークルスペースディスプレイの模様(1)
サークルスペースのディスプレイの様子。その1。
最初はこんな感じでした。少し地味だったかも……。

ランドセルとにゃんこ。
今回の目玉(おそらく)だった、ランドセルpinky。
でも何故か、後ろのにゃんこの方が目を引いていましたが。なんてことだ。

遊びに来てくれました。(1)
豆満江開発機構さんのところから遊びに来て下さいました。
帽子はやっぱり可愛いなぁ……。購入方法とか、教えて頂きました。

遊びに来てくれました。(2)
右のPinkyはPINKY'S ROADMOVIE.さんのところから。
ミニラジコンカーに乗っていて、それがまた可愛かったのですよね。
……この写真では、ミニラジコンカーは切れてますけど(苦笑)

配布ドリンク。
配布ドリンクの「乳(みるく)チョコイチゴ」。味は微妙でした。
珍しいものだし、折角なので、一応記念撮影をすることに(笑)

遊びに行きました。(1)
じいさんなにげにブルーアイさんのスペースへ遊びに。
コートのふわふわと小物のギターがステキでした。

遊びに行きました。(2)
同じくじいさんなにげにブルーアイさんのところ。
左のPinky、座り浴衣がステキ過ぎます。日本人なら浴衣でしょうっ!?

遊びに行きました。(4)
豆満江開発機構さんのところのサッカーコートにて記念撮影。
何故か後ろからの視線が痛いような気がするのは気のせいでしょうか?(笑)

遊びに行きました。(3)
豆満江開発機構さんのところに偶然来ていた2人を、蔦子さんばりに激写。
タイトルは、「紅薔薇のつぼみと妹候補が廊下でばったり」、でしょうか?(笑)
ところで関係ないですが、祐巳は瞳子を妹にs(ry

貴女の手には花束を。
少し大きめの花束を持って、記念写真を。
この花は、配布ドリンクの「白い恋人ドリンク」に付いてきたモノでした。
(ウチの相方が飲んでいました。味は……。)

サークルスペースディスプレイの模様(2)
サークルスペースのディスプレイの様子。その2。
ラスト2時間を切った頃には、衣装を変えたりしてました。暇だったので。

遊びに来てくれました。(3)
終了間際、じいさんなにげにブルーアイさんのところから渚とちせが。
渚の可動式触覚(笑)がとてもよく出来ていてびっくりしました。
ちせも細かい所まで作り込まれていて。見習わなきゃ、と思ったのでした。



 他にも何枚か写真は撮ったんですけどね。あまりにもあまりにも、だったので載せませんでした。手ブレが酷かったりとかね。ああ、写真を上手く撮れるような技術が欲しい。もしくは手ブレ補正出来るような高いデジカメが。

 さながら仙台Pinky:st.オフみたいな様相を呈していた今回の「杜の奇跡6」でしたが、私としてはとても楽しめました。Kanonで申し込んで本まで作っておきながら殆ど売れず、結局何しに仙台まで行ったんだ、というような突っ込みも多々あるかとは思いますが、だって楽しかったんですもん、仕方ないですよね。普段、福島では、他のPinky:st.好きさんに会う機会はあまり無いので、Pinky:st.サークルさんと交流する機会を持てたことは、貴重な体験だったと思うのです。
 最後になりましたが、お世話になった方々、遊びに来て下さった皆さん、運営の皆様、その他全ての人たちに、心からの感謝を込めて。ありがとうございました。またいつか、お会いできることを祈って。




 オフにも参加できるなら、参加したいのですけどね。
 ……仕事次第ですから。何ともかんとも。
| Pinky:st | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
彼女たちはかく語りき。(3)
■2人っきりのお留守番。そして……。

 こんにちは、サクラです。

 昨日、杉田さんは「試験だー」と頭を抱えながら、仙台へと出掛けて行きました。寝坊して髪がぼさぼさのまま出て行った杉田さんは、ハッキリ言ってちょっと格好悪いです。
 実は仙台に連れて行ってくれるって、約束してたんですけど、杉田さんはそれどころじゃなかったらしくって。レーコさんは怒ってましたけど、仕方ないですよね。
 それで結局、2人でお留守番することになりました。

   ▽   ▽   ▽

「……ヒマね」

 レーコさんが、ぶつぶつ文句を言ってます。杉田さんがお仕事の日は仕方ないけど、今日はお休みの日です。本当は、レーコさんは遊んで欲しいって、思ってたみたいです。

「何言ってるのよ。アンタもでしょ」

 ……実は、そうなんですけどね。だって、仕方ないじゃないですか。

「ねぇ、アレ、興味ない?」

 ふと、レーコさんが言って、指差したものは、杉田さんご執心のノートパソコンです。

「近くに寄って見てみましょうよ」

 そう言うと、レーコさんは、ノートパソコンのほうへとすたすた歩いて行ってしまいました。慌てて、私もその後を追いかけます。2人でよいしょ、とフタを持ち上げました。
 レーコさんが、手馴れた手付きでOSを起動します。当然のようにパスワードを入力して、ログインしました。……って、どうしてパスワードを知ってるんでしょう?

 「ふっふっふ」

 ……謎です。

 それで、起動してどうするんでしょうか?

  ノートパソコンで何しよう?

「そうねぇ……勝手にサイトを更新してみる?」
「ダメです、それはさすがに怒られると思いますっ」
「どうせバレないわよ。大丈夫だから」
「でも、ダメなんですっ」

 どうにか、レーコさんを押し止めました。
 まったくもう。レーコさんったら、自分の欲求に正直すぎますっ。

   ▽   ▽   ▽

 そして、夕方。杉田さんは、予定の時間よりちょっとだけ早く帰ってきてくれました。
 ―――波乱を、その手に、一緒に持ち帰って。

 『今日は置いていっちゃってごめんね。次こそ連れて行くからさ』

 そう言いながら、杉田さんはカバンの中に手を入れて、

 『はい、新しい友だちだよ』


■お友だちが、できました。

 えええええーっ?
 あ、ああ、新しいお友だちですかっっ!?

 困惑する私をよそに、杉田さんは新しい2人を紹介してくれました。

  ユカちゃん
 こっちが、「今西由佳さん」。呼び方は、ユカちゃん。

  さゆりちゃん
 もう一人が、森下さゆりさん。呼び方は、さゆりちゃん。

 『じゃ、仲良くしてあげてね』。そう言うと、杉田さんはまた、ふらっと出掛けてしまいました。残されたのは、私達4人だけ。
 ……気まずい。

「ねえ、ちょっと」

 声を掛けてきたのは、ユカちゃんでした。私は思わず、レーコさんの後ろに隠れます。

  初顔合わせ

「ねぇっ、いじめる? いじめる?」

 思わず涙ぐむ私。すると、ユカちゃんは少し不思議そうに、

「あたし、何かいじめるようなことしたかなぁ?」

 そう、傍らのさゆりちゃんに話しかけました。

「ユカちゃんの顔が怖いんじゃないの?」

 さゆりちゃんは少し素っ気なく、そう答えます。

「そんなことあたしに言われても困るんだけど……」

 っていうかそんなに怖い顔かなぁ、なんて呟いて、ユカちゃんはこちらを見ました。
 すると私の前に立っていたレーコさんは、少し大きな溜め息をついて、

「この子は少し人見知りが激しいだけだから。気にしないで」

 そう言うと、レーコさんは、右手を2人の前に差し出したのでした。

「ようこそ。これから、よろしく」

 その姿は大人っぽくて、格好良くて。
 私はなんだか、ぽわぽわーって、なってしまったのです。

   ▽   ▽   ▽

 結局、私達4人は、レーコさんのおかげで、すぐに仲良しになれました。
 今度は4人で、どんな毎日を過ごせるでしょうか。楽しみですっ。
| Pinky:st | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP